オリジナルトピック:

世界は美しい。

(12-06-2023 12:25 AM で作成されたトピック)
62 閲覧回数
儚幻
Active Level 7
オプション
ギャラリー

image


image
49日の法要へ。
あの方の、お写真が飾られていた。
わたくしが、親御さんに渡した写真。

親御さんは、近年の息子さんの写真がなく、遺影に困っていたとのこと。

そういう私が持ってる写真も、彼は照れ屋なので、こっちを向いてないか、ご時世でマスク姿ばかり。
かろうじて、正面を向いて笑顔の写真は、後ろから当たるライトのせいで、髪の薄さが目立ってたまらないのと、ちょっと寝癖と、もみあげに白髪。

…のに、その写真を使っていた。

なんと、頭の薄さと寝癖は綺麗に整えられ、白髪は黒髪に。

おぉ…加工技術の素晴らしさよ…。

一緒に行った友人も、お寺さんも、笑顔で良い写真だね、と。

そうなんですよ。
彼は、実は、こんな風に笑う方なんです。
美味しいものを食べてるときは、ホントに楽しそう。

来たときは、雨は降ってなかったのに、お墓に納骨に行く頃、雨が降りだしました。

あの方は雨男で、大事な時にいつも、雨が降った。

お帰りになったんですね、ここに。
貴方が帰ってきた。
だから雨が降ったのね。

これから一緒に、新しい貴方のお家に行くんですよ。
お帰りなさい。
行きましょう、貴方のお家へ。

たくさん、たくさん、泣きました。
これからも、まだ泣くでしょう。
でも、いつか泣かなくなる日がきます。
知ってます、その日が必ず、訪れると。

帰りは、彼と同じ帰路を辿ろうと、新幹線へ。
駅の土産物コーナーに行くと、ありました。
ご実家に帰った時に買ってきてくれた、お土産。
やっぱり、ここで買ってくれてたんですね。

幾つかの、見覚えのあるお土産から、ひとつ、私も買って帰りました。
レジで袋に入れてくださったけど…あの方は、いつも袋ナシでくれたわ??
袋は??

「貴方に、駅で買ったって、知られたくなかったんじゃない?」
と、友人が。

あぁ…カッコつけたかったのか…そうかも。
そういう方でした。

わたくしは、また毎日を過ごします。
時々で良いので、わたくしの家にも、帰ってきてくださいね。

貴方が新幹線から見ていた風景。
忘れません。
0個のコメント