オリジナルトピック:

日本三大天神 大生郷天満宮 参拝

(12-11-2021 05:28 PM で作成されたトピック)
雄
Expert Level 5
オプション
ギャラリー

image
福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に、日本三大天神に数えられている
茨城の大生郷天満宮(おおのごう天満宮)にお参りに伺いました。
この天満宮には菅原道真公の遺骨が埋葬されています。

image


image
鳥居の前で一礼をして境内に入りました。

image
手水舎

image
手水舍(ちょうずや)

神社の境内入り口付近に手水舎が設置されています。お寺でも見かけますが、これは神社からお寺に伝わったものです。
神社をお参りする際には、まず手水舎で手と口を清めるのが基本的な作法の1つです。
なぜ手と口を清めるかと言うと、日本の神様は穢れを嫌われるからです。どの宗教の神様も清浄を好まれるものでしょうが、日本の神様はとりわけ穢れを忌み嫌います。
それ故、本来は海水や川などに全身を浸して身を清める【禊】をしてから参拝をするものでした。

今も島全体が宗像大社の沖津宮の境内となっている沖ノ島(福岡県宗像市)は上陸する前に浜で禊をしなければなりません
(ただし、一般の人は原則上陸禁止)
しかし、禊をするには裸にならなければなりませんし、多くの人が同時に行うのも難しいので手と口を清める事でこれに代える様になったのです。
ちなみに初めて禊を行ったのは、日本国土を生んだ伊邪那岐命(イザナギ)であったとされます。伊邪那岐命はともに国生み、神生みを行った妃の伊耶那美命(イザナミ)を生き返らせようと黄泉の国へ迎えに行きますが、すでに黄泉の国の住人となってしまった伊耶那美命の真の姿を見て驚き、地上へと逃げ帰ります。
そして黄泉の国で穢れた体を清める為に海で禊をしたのです。
『古事記』によると、
この時に左の目からアマテラス(天照大御神)、右の目からツクヨミ(月読命)、鼻からスサノオ(須佐之男命)が生まれたといいます。


image
大生郷天満宮の創建は社伝によると、
菅原道真公の三男、影行公(かげゆきこう)は父の安否を訪ね九州太宰府を訪れた時、
道真公自ら自分の姿を描き与え、

「我死なば骨を背負うて諸国を遍歴せよ。自ら重うして動かざるあらば、地の勝景我意を得たるを知り、即ち墓を築くべし」
と言われ、
延喜3年(903年)2月25日に亡くなられました。
景行公は、遺言どおり遺骨を捧持し、家臣数人と共に諸国を巡ること20有余年が過ぎ、
常陸介(地方長官)として常陸國(茨城県)にやってきました。
景行公は延長4年(926年)に現在の桜川市羽鳥に塚を築き、
この地方の豪族、源護(みなもとのまもる)
平良兼(たいらのよしかね)等と共に遺骨を納め一旦お祀りしましたが、
3年後の延長7年(929年)当時、飯沼湖畔に浮かぶ島(現在地)を道真公が永遠にお鎮まりになる奥都城(墓)と定め、社殿を建て弟等と共に羽鳥より遺骨を遷し、お祀りされたのが大生郷天満宮です。

日本各地に道真公を祀る神社が約12,000社あると言われる中で、関東から東北にかけては最古の天満宮と言われ、また、遺骨を御神体とし、遺族によってお祀りされたのは、
大生郷天満宮だけであることなどから、
日本三大天神の一社に数えられています。

image
二礼ニ拍手一礼でお参りしました。

ニ礼ニ拍手一礼(ニ拝ニ拍手一拝)の作法は明治時代に考案され、戦後になって正式な作法として広まったものです。
もともと拍手は高貴な人に対して敬意を表す礼法でした。
貴人に対する礼法としての拍手は平安時代には廃れてしまいましたが、神社の参拝作法として残り、今に伝わっているのです。
伊勢神宮の神職が行う八開手(やひらて)と言う作法は、古代の最高の礼法に由来するものと言われています。
今も特殊な参拝法を伝えている神社もあります。
出雲大社もその一つで、ニ拝四拍手一拝が正式な参拝法となっています。


image
天満宮といえば眷属の牛

image


image
親鸞上人 礼拝の杉

image


image


image


image
境内社の稲荷社
こちらもしっかりお参りしました。

image


image
本殿

image


image
社殿の裏から坂を下ると小高い丘があり、
菅原道真公 御廟所があります。

image
菅原道真公 御廟所

image
天満大自在天神とは菅原道真公を神格化した社号です。ここに菅原道真公の遺骨が埋葬されています。

image
菅原道真と言えば天神様であり、学問の神様と言うことは多くの人がご存知でしょう。
しかしこうした信仰は中世以後の事で、それ以前は全く違った信仰のされ方をしていました。生前の菅原道真は優れた学者、詩人であり、有能な政治家でもありました。
宇多天皇、醍醐天皇に重用されて実力を発揮していましたが、
その出世を妬んだ藤原時平(ふじわらのときひら)の計略により太宰府に左遷されてしまいました。
その2年後、菅原道真は太宰府で没し現地で埋葬されました。
その後京都では異変が続きました。左遷を主導した藤原時平と藤原菅根が病死し、皇太子も相次いで世を去りました。さらには清涼殿に落雷があり死傷者を出すという惨事まで起こったのです。
誰もが道真が怨霊と化した祟りだと考えました。当時は恨みをもって死んだ者の霊が祟りをなすという御霊信仰が広まっていたので
道真も御霊になったと考えられたのです。
朝廷により左遷が取り消され正二位という官位も贈られましたが、怪異は消えない為、
神として祀る事となりました。

image

すでに民間においては道真を祀る事が行われていたのでこれを追認する形で京の北野に神社が創建されました。
もともと北野では天神(雷神)を祀る習俗があったようで、それと同一視されて道真も天神と呼ばれる様になりました。
この信仰に変化が起きるのは平安末頃の事です。無実の罪をはらしてくれる神様というように、プラスの御神徳が説かれる様になったのです。中世には禅宗での信仰も興り、
ここから学問や文芸の神様としての信仰が確立していきました。



image
天神様の御神体にもしっかりお参りさせて頂きました。

image
御廟所境内にある弁財天社 厳島社 

image


image
弁財天にもしっかりとお参りさせて頂きました。

image



image


image
参拝後に頂いた御朱印

image

とても長い投稿になってしまいましたが、ご覧いただきありがとう御座います。


9個のコメント
arioo
Expert Level 5
ギャラリー
おおのごう

天満宮
菅原道真公
歴史情報凄い

お参りお疲れ様でした。
雄
Expert Level 5
ギャラリー
こんばんは
夜分おそくにすいません

コメントいつもありがとう御座います
ここの天神様は茨城有数のパワースポットなんですよ。
ariooさんにも機会があれば是非お参りして頂きたい所なんですが、交通の便が芳しくないんですよ

天神様で遺骨を祀ってあるのは太宰府天満宮と大生郷だけです。
太宰府天満宮の分骨ですね。
arioo
Expert Level 5
ギャラリー
雄さま
朝のコメント💬
上に💦
よかったら見ていただければ😅
とめ
Expert Level 5
ギャラリー

おはようございます🙋

勉強させていただきました🙇
一回ではもったいないので、ブックマーク付けて、後でじっくり読ませていただきます🙋
ありがとうございました🙇

今日も良い1日を・・・ ✌️
雄
Expert Level 5
ギャラリー
おはよう御座います🙋いつも投稿見て頂き、しかもブックマークまで付けて頂きありがとう御座います🙏長い投稿ですいませんでした🙇

今日も良い一日を👍



arioo
Expert Level 5
ギャラリー
雄さま
おはようございます😃
御朱印いいですよね
梅のお印
大宰府天満宮との
天神さまのご遺骨の分骨
最強のパワースポットでしょうね
アクセスが…

おおのごう
読み方もはじめて知り

親鸞上人礼拝の杉も凄い

天満宮は牛…
色々勉強になりました😃
いつかお参り出来るといいですね

たくさんの情報ありがとうございました😃
雄
Expert Level 5
ギャラリー
おはようございます
コメントありがとう御座います

アクセス方法は車🚙でしか行けませんね。
またお参りに伺います😉20211211_121009_12807_1639192211.jpg20211211_120915_12806_1639192157.jpg20211211_121435_12813_1639192477.jpg20211211_120758_12804_1639192080.jpg
arioo
Expert Level 5
ギャラリー
大黒天
良い所ですね😃
お参り出来る日がくると👍ですよね😃
貴重な情報ありがとうございました
arioo
Expert Level 5
ギャラリー
雄さま
ごめんなさい🙇
タクシーは走って無いところですか?
すみません🙇
このような質問致し

無理にはご返信大丈夫です。