オリジナルトピック:

2022年第4四半期および通年の国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表

(03-09-2023 04:15 PM で作成されたトピック)
1093 閲覧回数
tobiusagi
Gold Supporter
オプション
その他の共有&提案
IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社様の記事↓

<参考資料>
2022年第4四半期 国内携帯電話市場 出荷台数 ベンダー別 シェア

image



以下一部抜粋

2022年通年では、前年比8.1%減の3,430万台となりました。ベンダー別シェアの上位5社については、アップルが1,660万台(シェア48.4%%)でトップ、2位は380万台(同11.1%)のシャープ、3位は350万台(同10.3%)のFCNT、4位は310万台(同9.0%)のサムスン、5位は260万台(同7.5%)のソニーとなりました。

2022年で対前年比増 となったベンダーはシェア3位に位置するFCNT、同4位のサムスン、同5位のソニーで特にFCNT(対前年比34.1%増)とサムスン(同17.7%増)は対前年比大幅増でした。

サムスンは低価格モデルのAシリーズ、ハイエンドモデルのSシリーズともに好調だったほか、FoldやFlipといった折り畳み式の新形状モデルも市場に浸透しつつあることが対前年比大幅増の要因となっています。

シェア1位に位置するアップルは対前年比3.8%減という結果でした。

日本のスマートフォン市場ではアップルが強いですけれど、Androidも頑張っているようですね。
それでもシェアは低いですけど、
Samsung等Android勢が前年比で大幅アップしているのに対し
アップルが前年比で3.8%
というところではないでしょうか。
この勢いで今年もSamsungのシェアが拡大すると良いですね📱

AQUOSのシェアって案外あるのですね😎
できればSamsungが日本シェアNo2になりますように…。
倍増してくれれば嬉しい😊

2個のコメント
abeyance
Active Level 1
その他の共有&提案
北米系のシンクタンクのデータでは第一四半期はSamsungが2位だったり、そもそも新規出荷台数ではなく、利用端末ベースのシェアだとSonyが2位だったりと、IDCのデータって、どう見ていいのかよくわからないところもありますが。
何にせよ、Samsungのシェアがもっと広がるといいなと思います。
tobiusagi
Gold Supporter
その他の共有&提案
abeyanceさん、こんばんは。

世界的にはこの構成比率は珍しいのが日本ですよね。

販売台数世界一のSamsungでさえ日本市場で苦戦していますが、これはスマートフォン黎明期のAndroid機の性能が劣っていたからだと思います。
その結果(バラマキもありましたけど)がこのような事に…。

性能面では🍎を凌駕していても一旦奪われたシェアを取り戻すのは容易ではないと思いますけど、こうして復調してきているのはユーザーがようやく気がつきだしたからではないでしょうか。

今年からの日本市場では「Galaxy」ネームからグローバルネームの「Samsung」として販売されるようになりますが、グローバル並のカラバリやストレージ選択ができるようになれば日本でのSamsungシェア増加も期待できそうですね。

それでも最近はGalaxy端末を見かける事も多くなってきたので、普通に見られるようになると良いですね📱

コメントありがとうございました😊