オリジナルトピック:

笠間稲荷神社と八重の藤

(04-30-2022 04:27 PM で作成されたトピック)
雄
Expert Level 5
オプション
ギャラリー

image
明神系 稲荷鳥居

藤の花が満開の頃だと思い、笠間稲荷神社にお参りに伺いました。

image
鳥居️の前で一礼をしてから中に入ります。

神社の鳥居は、「神域を表徴する神門」 
であり、 ここから先が神聖な神域であることを示しています。 
鳥居の起源、原形については諸説ありますが、 語源は、 願い事が「神様に通り入る」 が転化したものとか、「鶏居 (とりい)」との説があります。しかし、鳥居の本義は「鳥がとまり居る処」という意味から来たものです。時計のない時代、日本鶏の鳴き声は、時を知る上で大変重要だったからです。

鳥居は神社を象徴する建築物です。
2本の柱と2本の横木からなる簡単な構造ですが、それだけに遠くからでも存在を認められます。また、鳥居はそこから内が聖なる場所である事を示す結界でもあります。扉などはありませんが、これがあることでみだりに入ってはいけない場所であることが明示されるのです。
このように神社には不可欠な鳥居ですが、起源や名前の由来など、ほとんどわかっていません。
古代には死者の霊は鳥の姿になると信じられたことと関係があるという説、
インドのトラーナという門や中国の華表という標識が起源という説がありますが、いずれも立証されていません。
なお、鳥居は構造ながらバリエーション豊富です。
大きく分けると簡素な『神明系』と装飾性が高い『明神系』の2種があります。
参拝した神社の鳥居がどの形式か調べてみるのも楽しいです。

image
参道


image
手水舎


image
楼門


image


image
日本三大稲荷 笠間稲荷神社 拝殿
創建は社伝によると、
飛鳥時代の白雉2年(651年)創建の大社。
京都の伏見稲荷大社、佐賀の祐徳稲荷神社と並ぶ日本三大稲荷の一つとされている。五穀豊穣、商売繁盛などのご利益を求め、年間350万人程の参拝客が訪れる。

愛知県の豊川稲荷も日本三大稲荷の一つに数えられますが、こちらは曹洞宗の寺院、
妙厳寺で御本尊が千手観音です。
豊川稲荷の稲荷とは境内の鎮守神として祀られる荼枳尼天(だきにてん)の事です。



image

二礼二拍手一礼でお参りをしました。

稲荷神社の神様はキツネではありません。
稲荷神社の御祭神は
宇迦之御魂神 (ウカノミタマノカミ)

生命の根源を司る命の根の神様です。
殖産興業の神、蘇生 (よみがえり) の神(復活の神)、生成発展の神、産霊(むすび) の神、火防の神として、その御神徳は広大無辺です。 私たちは常に大神様の御霊のお働きによって生かされており、 人間生活に
大変関わりの深い神様なのです。
そして稲荷の大神様にお仕えする狐や馬は、八幡神社の鳩や氏神様の狛犬と同様に、神様のお使いをする神の使い、眷属(けんぞく)などと呼ばれる霊獣なのです。
これは人間が持っているさまざまな欲望を、 神様に直接お願いするのは畏れ多いこととして、特別に選ばれた動物を通してお願いすることが中世時代には行われたのです。
神道の原形としてみると、山の神は春、山から降って田の神となり、 稲作の収穫を終えた秋に山へ帰って山の神となります。 狐も農事の始まる初午ごろから収穫の終る秋まで人里に姿を見せていて、田の神が
山へ帰られる同じころに狐も山へ戻ります。 このような神道の原形である田の神、山の神の信仰と、これらの神と同じ時期に人里に姿を見せる狐の行動が、
「稲荷」 と狐の関係を象徴しています。


image
宇迦之御魂神

稲荷神
全国の神社を祭神別に分類すると、八幡神を祀る八幡宮・八幡神社が一番多いといわれます。しかし、路傍の小祠や屋敷内にある邸内社まで含めると、おそらく稲荷神を祀る神社が1番になるでしょう。
稲荷信仰は全国に広まっていますが、とくに江戸での人気が高く、多いもののたとえにされたほどです。
しかし、もともとは平安遷都前の京都を開拓した渡来系氏族の秦氏の氏神でした。
その創建の由来は『山城国風土記』に記されています。それによると、秦氏の祖先の秦の伊侶巨(いろこ)は富み栄えていたため、餅を的に矢を射ようとしました。ところが、餅の的は白鳥になって飛び立ち、山に降りて稲になったのです。
そこで伊侶巨はそこに社を建て、社の名前を稲成り(稲荷)とした、というものです。
この餅の白鳥が降り立ったという山が、
伏見稲荷大社の本殿裏にそびえる稲荷山です。
この稲荷神の信仰が平安時代以降、全国に広まっていくのですが、これには東寺が果たした役割が大きいようです。

東寺に伝わる伝承によると、空海は紀州の田辺で稲荷神と出会い、都に来るようお願いをしたとされます。数年後、稲荷神は2人の婦人と2人の子供を連れて東寺を訪問してきたので、空海は歓待をしたのち、稲荷神一行を稲荷山に案内して、ここに鎮座するよう言ったとしています。
春におこなわれる伏見稲荷大社の稲荷祭では、神輿が東寺の前に立ち寄り、東寺の僧侶たちの読経を受けます。これは稲荷神と空海のエピソードに由来するものといわれます。

image
笠間稲荷神社の楼門側にある大藤(おおふじ)の花は満開に咲いていました。

image


image


image
樹齢400年 八重の藤

二株の藤樹は、毎年5月10日ごろに花を咲かせます。
楼門側の藤は、淡紫色の蝶形の花を付け、 150cmにもおよぶ長い総状の花穂を垂らします。また、拝殿側の八重の藤は、 濃紫色の葡萄の房のように花弁が集合して咲き実を付けない珍しい種類です。 樹齢400年の二株は天然記念物に指定されています。 これらの藤は、拝殿造営前は池のほとりに繁り、池に映る藤の美しさから、笠間の俳人たちが明治26年に芭蕉の句碑を建てました。

「しばらくは 花の上なる 月夜かな」
 松尾芭蕉

image
八重の藤はまだ時期が早かったらしく、今週頃から咲き始め、GWの頃が見頃だそうです。

image
八重の藤の特徴は八重咲きという葡萄の房ような花を咲かせます。

image
樹齢400年の八重の藤は笠間稲荷神社でしか見ることが出来ません。

image
大藤と拝殿

image


image


image
右側(楼門側)の大藤は花満開でしたが、
左側(拝殿側)の八重の藤はまだ早かったようでちらほら咲いている感じでした。

image


image
本殿は国指定重要文化財
笠間稲荷神社の本殿は使われている材料や彫刻が物凄く、鳥肌が立ちました。
30分位ずっと眺めてました。本当に凄い造りです。
写真でしかお見せする事が出来ないのが残念でなりません。

image


image


image


image


image
参拝後に頂いた御朱印

image
本殿裏にある狐塚
他の稲荷神社で眷属の役割を果たしたキツネを休ませている所だそうです。

image
聖徳殿

境内社の聖徳殿
御祭神は大国主神
(常陸七福神 大黒天)

「大黒様」とも呼ばれて親しまれている七福神の一つの神です。仏教とともに日本に伝えられ、大国主神と習合の神となりました。
糧食を司る神で。福徳や財宝を与える福の神として信仰されています。
なお、大国主神は、島根県の出雲大社の御祭神であり、日本で一番古い神社として知られている奈良県の大神神社の御祭神、大物主神と異名同一神です。笠間稲荷神社では、常陸七福神の一つとして大黒天を祀っています。 大黒天といえば、米俵の上に乗った御姿が一般的とされていますが、 これは元禄時代以降の御姿で、笠間稲荷神社にお祀りされている大黒天は、くくり頭巾、狩衣姿で、左肩に袋を背負い、右手に打ち手の小槌を持った本来の御姿をしています

image
日の丸は日本人の心の故郷です。
さざれ石にと日の丸に一礼をしました。

長い投稿になりましたが見て頂きありがとうございます。
21個のコメント
7839ちゃん
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
雄さん
こんばんは🙋💕
笹間稲荷神社
参道の🏮🏮🏮が良いd('∀'*)ですねっ、
凄く立派な門だねぇ〜😊
拝殿も綺麗です😊
フジの🌼*・に八重フジがあるのは知りませんでしたぁ〜🎶花びらが多くて可愛らしいですねっ😆
本殿の彫刻や昔の大工さんの仕事〜💦やはり凄いねっ
本物〜見てみたいですねっ😊
簡単なコメントで申し訳ないです!
見せてくれてありがとうございます(⋆ᵕᴗᵕ⋆).+*ペコ
雄
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
こんばんは 😃 🌃いつも投稿見て頂きコメントありがとうございます。
笹間ではなく笠間(かさま)です 😉
参道の両脇は仲見世になっていて、
神具や色々なお土産物が売られてます 😊笠間稲荷神社は関東最大の稲荷神社でもあります 😃
普通の藤は一重咲きですが、八重の藤は八重咲きの葡萄の房みたいに咲いて満開になると綺麗ですが、まだもう少し早かったようです 😅
当時の宮大工さんは神職人ですね 😵
7839ちゃん
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
あはは🤣
雄さん〜
凡ミス💦💦💦
ごめんなさい〜😢
雄
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
いいえ大丈夫です👍誰にでも間違いはあります。自分もよく間違えて、言われて初めて気がつきます😅

どうかお気になさらずに😉👍
7839ちゃん
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
雄さん
ありがとうございます(⋆ᵕᴗᵕ⋆).+*ペコ
おやすみなさい♥
とめ
Expert Level 5
オプション
ギャラリー

こんばんは🌃

笠間稲荷神社にお詣りさせていただきました🙏
とにかく立派な神社ですね👀
特に本殿の彫刻や垂木、材料の組み合わせなど凄くて、これだけでも見に行く価値ありますね👌
樹齢400年の八重の藤の木!
八重の藤自体見たことないような気がしますが、それが樹齢400年とは・・・👀
稲荷神は渡来系秦氏の氏神さんだったとは・・・👀
私が読んだ聖徳太子の本で太子に仕えていた秦氏と多分一緒なのでしょうが、へぇ~そうなんだという感じです👌
今日もいろいろ勉強させていただきました🙇

この後も良いお時間を・・・✌️

雄
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
こんばんは😃🌃いつも投稿見て頂き有難いコメント感謝しております。
笠間稲荷神社は別名、胡桃下稲荷(くるみがした稲荷)とも呼ばれてるんですよ。かつてこの地は胡桃の密林でそこに稲荷社を建てたのがその名の由来とされています。
御神木の胡桃の木の写真貼っておきます。

本殿正面入り口の彫刻には、
『八方睨みの龍』が彫られていて、どこの位置から見てもこっちを睨んでいるそうですよ。
但し参拝客は見ることは出来ません。
八重の藤は自分も知らなくて、笠間稲荷神社で知ることが出来ました👍

今後も良い時間をお過ごしください👍
20220430_095551_7354_1651280153.jpg20220430_095814_7359_1651280296.jpg
arioo
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
雄さま
😭

arioo
Expert Level 5
オプション
ギャラリー
雄さま
😭

大藤
八重の藤

2種あるのです

八重の藤が満開かと
また
焦ってしまいました💦

明日は雨のようで

GW
仕事で伺えず😨

今年は八重の藤は見れないかも💧

️鶏居の説
なるほど‥

八重の藤🍇のよう👀‼️

立派な本殿

広い境内のようですね

🇯🇵

いいお天気🌞
良かったですね🎵

お疲れさまです


👍📷️ありがとうございます😊
感謝です